So-net無料ブログ作成
検索選択

2012年06月28日 女子学生の半裸写真を卒論掲載 宮崎大の元准教授 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

2012年06月28日 女子学生の半裸写真を卒論掲載 宮崎大の元准教授

6月28日(木)

大学が発表したことが事実ならばだが、)
この准教授、いったい何をしたかったのだろう?
学問的暴走? それともただのエロ趣味?

やってることがあまりにトンデモで、想像が及ばない。

セクハラ常習の非常識きわまりない男でも、なんのチェックもなく専任教員になれてしまうのが日本の大学。

それと、記事を読むと「2月上旬に辞職願を提出、3月末に退職」とあって、大学教員を辞めたように見えるが、たぶん違うと思う。

宮崎大学を辞めたのであって、おそらくどこか別の大学に遷っている。
しかも、たぶん准教授から教授に昇進して・・・。

前任校で懲戒解雇相当の判断されても、「ご栄転」可能なのが日本の大学の人事システム(法人が違うから)。

そして、また同じようなセクハラが繰り返され、女子学生や女子院生が泣くことになる。

【検証と追跡】
宮崎大学の平成24年(2012)3月の人事異動リスト
http://www.miyazaki-u.ac.jp/campus/campusnews/2012_4/2012_4/201204.html

問題の教育文化学部の准教授で3月に退職した人は1人しかいない。
(「教育職員」の項目の上から5番目)
したがって、あくまでこのリストが正しいという前提だが、推測するまでもなく新聞報道の人物は特定できる。

さらに、宮崎大学の公式HPの「教員紹介」に、3月に退職した教育文化学部の准教授のプロフィールが残っている。
http://www.miyazaki-u.ac.jp/educul/educul.html/j/professor08/003/F003-015.html

それによると、「2004年3月20日に20年近く住んでいた東京杉並区から、宮崎に移転してまいりました」とあり、宮崎大学に8年前に着任したことがわかり、記事の「約8年前から勤務し」と一致する。

そして、その准教授を追跡すると、やはり某公立大学の教授に栄転していた。
http://www.tsuru.ac.jp/department/faculty/kokubun/kyouin/index.html
https://ptweb.tsuru.ac.jp/step/KInfo.asp?ID=159

しかも、私が非常勤でお世話になっている大学・・・。

【追記(30日7時)】
元准教授(現・某公立大学教授)は、大学側の見解と処分を「事実無根」と全面的に否定し、提訴する姿勢。

「論文に掲載された写真は」准教授が「学生の半裸を撮影し」たのではなく「学生が加工する段階で半裸に見えるようになった」と主張。

(大学側と元准教授のどちらの主張が正しいかを判断する立場にないが)どちらにしても、女子大生の半裸(に見える)写真が必要な卒業論文ってどんなテーマなのだろう?
------------------------------------------------------------------
女子学生の半裸写真を卒論掲載 宮崎大の元准教授

宮崎大(宮崎市)は28日、教育文化学部に勤務していた40代の男性元准教授が、研究室に所属していた女子学生の半裸写真を野外で撮影し、卒業論文に掲載させていたと明らかにした。宮崎大は、元准教授は懲戒解雇に相当すると判断、退職金を支払わない決定をした。

宮崎大によると、元准教授は昨年夏から秋にかけ、指導していた女子学生の卒業論文に載せる目的で、研究室の女子学生4、5人の上半身裸の写真を複数回にわたって野外で撮影した。

写真はコンピューターグラフィックス(CG)で体を毛で覆うような加工をし、十数枚を論文に掲載させた。宮崎大は「文化人類学的な内容の論文だ」と説明している。

ほかにも、研究室で学生に飲酒を強要したり、女子学生のスリーサイズを他人の前で話題にしたりするなどのハラスメント行為をしていた。約8年前から勤務し、今年2月上旬に辞職願を提出、3月末に退職していた。

「msn産経ニュース」2012年6月28日 20:34
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120628/crm12062820360021-n1.htm
-----------------------------------------------------
指導学生の半裸姿を撮影、卒論に掲載 宮崎大元准教授

宮崎大(菅沼龍夫学長、宮崎市)は28日、教育文化学部の40代の男性元准教授が、卒業論文を指導していた女子学生の下着姿などを写真撮影し、卒論に掲載していたと発表した。

発表によると、元准教授は昨年の夏から秋にかけて指導した3、4年生の女子学生5人程度の下着姿をデジタルカメラで撮り、4年生2人が共同執筆した卒論に十数枚を掲載させた。上半身裸で下半身を画像加工した写真もあったという。元准教授は卒論の指導から審査まで1人で担当しており、学生らは「仕方ないと思った」と話したという。

研究室で女子学生に飲酒を強要するなどアカデミックハラスメントにあたる行為が複数報告されたため、大学が2月下旬から調査。元准教授は否定したが、大学側は学生らの証言から事実と認定したという。

『朝日新聞』2012年6月28日21時20分
http://www.asahi.com/national/update/0628/SEB201206280007.html
-----------------------------------------------------
宮崎大:元准教授セクハラ 学生の半裸写真撮影など

宮崎大学(宮崎市)は28日、教育文化学部の40代の元男性准教授が、複数の女子学生の半裸写真を野外で撮影し卒論に掲載して提出させるなど、懲戒解雇に相当する不適切な行為があったと発表した。3月末に辞職しているため懲戒処分はできないが、退職金の不支給を決めた。元准教授は「写真は学生が撮った」などと主張してハラスメント行為を否定しているという。

被害を受けた学生からの申し立てを受け、大学が調査していた。大学によると、写真は計十数枚。被写体は研究室の女子学生4~5人で、一部加工されているが、上半身裸や下着姿で顔も判別できる状態だった。

また写真は元准教授がデジタルカメラで撮影。学生は指導への影響を恐れて断れず、「特定できないように画像を処理してほしい」と頼んだが聞き入れられなかったという。他にも▽元准教授が勧めた就職先を断った学生への暴力や嫌がらせ▽女子学生の体のサイズを言いふらす--などの申告があり、男女学生約10人が被害を受けたと見られている。

『毎日新聞』2012年06月29日 02時10分(最終更新 06月29日 02時26分)
-----------------------------------------------------
宮大・元准教授が「事実無根」と提訴へ

宮崎大学の、40代の元准教授が学生の半裸の写真を撮影したと28日、大学が発表したことに対し、准教授の代理人が事実無根だとして、提訴する方針を明らかにしました。 宮崎大学は28日、元准教授が野外で女子学生の半裸の写真を撮影し、加工したうえで卒業論文に掲載させたなどとして、退職金を支給しないことを決めたと発表しました。これに対し元准教授の代理人は29日会見し、論文に掲載された写真は学生が加工する段階で半裸に見えるようになったとして、准教授は学生の半裸を撮影していないと主張、退職金支給や慰謝料を求める訴訟を、近く宮崎地裁に起こすことにしています。

「宮崎放送」2012年06月29日19時16分
http://cms2.cms.densan-soft.co.jp/mrt/news/news20120629191715.html

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: