So-net無料ブログ作成
検索選択

2012年07月19日 宮崎大学元准教授の悪質なセクハラ事件の続報 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

2012年07月19日 宮崎大学元准教授の悪質なセクハラ事件の続報

7月19日(木)

6月末に悪質なセクハラ行為で「懲戒解雇相当」処分になった宮崎大学教育文化学部元准教授については、このブログでも紹介した。

2012年06月28日 女子学生の半裸写真を卒論掲載 宮崎大の元准教授
http://zoku-tasogare-sei.blog.so-net.ne.jp/2012-10-02

その准教授が、3年前に宮崎大学の学内情報誌(刊行資金大学からの補助金)に女子学生に不適切な写真を撮影・掲載し、広く配布していたことを『西日本新聞』が報道している。

この事件が、元准教授の大学教員としての倫理に欠けた著しく非常識な行動に因る者であると同時に、大学当局のチェックシステムの不備や、セクハラに対する認識の甘さが背景にあることがよく分かる。
-------------------------------------------------
宮崎大元准教授 学内誌にも女学生写真

浴衣姿など09年に掲載 「不適切」抗議受ける

女子学生の半裸を撮影するなどハラスメント行為があったとして、宮崎大(菅沼龍夫学長)が6月に解雇相当の処分にした40代男性の元准教授が、2009年夏に自ら発行した学内情報誌に女子学生を撮影して掲載紙「教育の場に不適切な写真だ」などと学内外から大学に抗議が来ていたことが分かった。同大は内容の事前確認や回収などの対応はしていなかった。

情報誌(74ページ)は大学生活を紹介する内容で、学生も編集に参加。問題となったのは、脚を組んだミニスカートの女性を低い位置から撮影したものや、あおむけになった女性の写真。「宮大のマドンナたち」などのタイトルで掲載された計24頁の一部で、浴衣や高校の制服姿もあった。

女性は同大の学生と卒業生で、発行者と撮影は元准教授と明記されている。関係者によると、元准教授から「芸術のためだから服を脱いで」と持ち掛けられた女子学生もいたという。

同大は、学生の活動支援として情報誌作成に補助金58万円を拠出。情報誌はオープンキャンパスに訪れた高校生らにも配布され、複数の教授や高校から抗議が来た。ある男性教員は「成人雑誌のようであまりに非常識」として大学側に回収を求めたが、同大は元准教授を口頭で注意しただけだった。ある大学理事は「当時、適切に対応していれば(ハラスメント行為の)問題は避けられたかもしれない」と話した。

同大は、元准教授が複数の女子学生に半裸の撮影を強要し、写真を加工後に卒業論文に掲載させたなどとして退職金不支給(懲戒解雇相当)を決めた。3月末に元准教授は「学生が企画し、し、水着で撮影して半裸に加工した」などと否定。退職金と慰謝料を求めて提訴する意向を明らかにしている。(山田育代)

『西日本新聞』2012年7月19日 朝刊
i0694197-1342672167.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: