So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年07月21日 東電女性社員殺害事件、再審の可能性…別人DNA検出 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

2011年07月21日 東電女性社員殺害事件、再審の可能性…別人DNA検出

7月21日(木)

「東電女性社員殺害事件」は、私がいちばん遊んでいた時期に、馴染みのある渋谷という街で、ほぼ同世代の女性が被害者だった事件で、私が大きな関心をもった最初の性犯罪事件だった。

そして、犯人逮捕の時点で、警察の捜査の強引さ、検察の事実認定の不自然さを強く感じ、直観的に冤罪を疑った事件だった。

新証拠の出現で、再審が開始されることを期待する。

--------------------------------------------------

東電OL事件、再審の可能性…別人DNA検出

東京都渋谷区で1997年に起きた東京電力女性社員殺害事件で、強盗殺人罪により無期懲役が確定したネパール国籍の元飲食店員ゴビンダ・プラサド・マイナリ受刑者(44)が裁判のやり直しを求めた再審請求審で、東京高検が、被害者の体から採取された精 液などのDNA鑑定を行った結果、精 液は同受刑者以外の男性のもので、そのDNA型が殺害現場に残された体毛と一致したことがわかった。

「(マイナリ受刑者以外の)第三者が被害者と現場の部屋に入ったとは考えがたい」とした確定判決に誤りがあった可能性を示す新たな事実で、再審開始の公算が出てきた。

この事件でマイナリ受刑者は捜査段階から一貫して犯行を否認。同受刑者が犯人であることを直接示す証拠はなく、検察側は状況証拠を積み上げて起訴した。

2000年4月の1審・東京地裁判決は「被害者が第三者と現場にいた可能性も否定できない」として無罪としたが、同年12月の2審・東京高裁判決は逆転有罪とし、最高裁で03年11月に確定した。

マイナリ受刑者は05年3月、東京高裁に再審を請求した。

同高裁は今年1月、弁護側からの要請を受け、現場から採取された物証についてDNA鑑定の実施を検討するよう検察側に求めた。これを受け、東京高検が精 液などのDNA鑑定を専門家に依頼していた。

『読売新聞』2011年7月21日03時01分
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110721-OYT1T00090.htm?from=main2


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0