So-net無料ブログ作成
検索選択

2010年9月28日 ジュリア安田さんについて [現代の性(性別越境・性別移行)]

2010年9月28日 ジュリア安田さんについて

9月28日(火)

先日、コメント欄でご教示いただいた、ジュリア安田さんについて、少しだけ調べてみました。
英語がいたって不得手なので、ちゃんと翻訳できてないかもしれませんが・・・。
どなたか、英語が得意な方、パフオーマンス芸術に詳しい方、リサーチしていただけないでしょうか。
---------------------------------------
ジュリア安田(Julia Yasuda 1943~ )
http://zagria.blogspot.com/2008/08/julia-yasuda-1943-set-theorist.html
Yasuda1.jpg
アメリカ在住の日本人。数学者、記号論理学者、パフォーマー。
1943年、旧満州国奉天(現:中華人民共和国遼寧省瀋陽市)の生まれ。
クラインフェルター症候群(Klinefelter's Syndrome)。
1973年、数学博士号を取得。
1970年後半、東京のSMバーで写真家・ヤスエリカ(?~1987:漢字表記不明)と出会い、専属モデルをするようになり、後、パートナーとなる。
1984年、客員教授として招かれ渡米、ニューヨーク大学などで数学者としてのキャリアを重ね、記述集合論への貢献で名古屋大学から理学博士号を与えられる。
1987年、パートナーであるエリカが死去、社会的性別を女性に移行して、Juliaとなる。
1995年、Antony and the Johnsonに会い、パフォーマーとしての活動を開始。
またTransistersのグループの設立と運営にかかわる。
1996年、 Rosa von Praunheimのフィルム「Transsexual Menace」に出演。
1999年、女性として米国市民権を取得。
ミルトン・ダイアモンド博士(ハワイ大学教授)のクラインフェルター症候群研究会に参加。
yasuda2.jpgyasuda3.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: