So-net無料ブログ作成
検索選択

【資料紹介⑤】「男から女に性転換のストリッパー」 [性社会史研究(性別越境・全般)]

2013年1月24日(木)

【資料紹介⑤】「男から女に性転換のストリッパー」(『土曜漫画』1961年12月22日号)
【資料①②③④】と同じく吉本一二三と高橋京子による浅草ロック座の公演を紹介したグラビア記事。
-------------------------------------
男から女に性転換のストリッパー
資料5-2 (2).jpg資料5-1 (2).jpg
資料5-3 (2).jpg
ヌード界の話題で、本年最高はなんといってもこのお二人さん。
現在浅草のロック座で、歌ったり踊ったり大熱演中だが、誰がどう見たって生まれつきの女性と区別ができない。
「来年二月に最後の手術をして完全な女性になります。まだ恥しくて舞台に出るとあがっちゃうんです」と高橋京子さん(20)。まだ外見だけで、大事なところは女性になっていないのだそうだ。
そういう高橋さんにひきかえ吉本一二三さん(25)の方は外見も中味も完全な女性になりきっている。
「女になりたくてこの二月にある有名なお医者さんに手術してもらいました。さっそく男というものを実験してみましたが、アレはまったくイイですね。でも、男のときに、自分の子供を一人産ませておけばよかったと思います」とわかったようなわからないようなことをおっしゃってごきげんだ。

資料5-4.jpg まだバージンです 高橋京子さん 資料5-6.JPG
ヅラがよく似合う高橋京子さんの楽屋姿 もうお化粧もすっかりいたにつきました
資料5-5.jpg
女の悦びって凄い 吉本一二三さん
資料5-7.JPG
年増のお色気あふれる吉本一二三さんの楽屋姿 なかなかのグラマーぶりである
資料5-8.jpg
悩殺スタイルではりきる吉本一二三さん  うぶなオッパイを見せて高橋京子さんの舞台姿
資料5-9.JPG

【資料紹介④】「男が女になったとき」 [性社会史研究(性別越境・全般)]

2013年1月23日(水)

【資料紹介④】「男が女になったとき」(『アサヒ芸能』1961年12月17日号)

【資料①②③】と同じく吉本一二三と高橋京子による浅草ロック座の公演を紹介したグラビア記事。
この『アサヒ芸能』の記事が第一報の可能性がある。
-------------------------------------
男が女になったとき
日本では第四号、第五号という性転換した女性がストリップの舞台に立っている。

第四号が吉本一二三(26)さん、第五号が高橋京子(23)さんで、二人とも生まれたとき完全な男性だった。
ところが、どういうわけか二人とも男に生まれたことを悲しんでいた。「女として生きて行きたい」というわけで物心つくころから女装ばかりして来た。吉本さんは十代のころ旅回りの一座で女形をやり、郷里の四国・徳島によって女性に変わることができることを知った。吉本さんが東京のある病院の門たたいたのが一昨年の四月、高橋さんは今年の二月ごろだった。

転性手術には約二年間を必要とするらしい。女性ホルモンを定期的に注射し体の内部組織を変えながら、時期をみて不必要部分を切断する、という方法である。吉本さんは今年の八月に女性としての整形をおわって、高橋さんは目下その工作中といったところである。

吉本さんは見事な乳房をもみせるストリップの日本舞踊を、高橋さんは流行歌をそれぞれ披露して、お客さんたちの拍手をあびている。

楽屋では、「本物の私たちよりよっぽど女らしいわ」とストリッパー連中が照れるほどのお色気ぶり。
(浅草・ロック座にて)
001 (2).jpg
あんまりオシトヤカなので他の踊り子たちが行儀見習をするくらい(左、吉本さん、右、高橋さん)
002 (2).jpg
ちょっと太くてハスキーな声で歌う高橋さん。
003 (2).jpg
唐人お吉でリッパな乳房やおヒップのあたりまで披露する吉本さん。
撮影・中田俊之)

【資料紹介③】「性の転換をした人」 [性社会史研究(性別越境・全般)]

2013年1月23日(水)

【資料紹介③】「性の転換をした人」(掲載誌、正確な掲載年月日不詳)
【資料①】と同じく吉本一二三と高橋京子による浅草ロック座の公演を紹介したグラビア記事なので、1961年12月頃の掲載と推定される(山崎淳子さん寄贈資料)。
楽屋裏のシーンやフィナーレの様子がわかって興味深い。
------------------------------------------------------------
性の転換をした人
資料3-1.JPG
ロック座(東京・浅草)の舞台―七色のライトを浴びて踊っている女。その人こそ性転換した男なのである。
資料3-2.JPG
その人の名は吉本一二三さんと高橋京子さん。女の女であることを必要とする彼女たちは自分の体を女にするために六十万をかけた。
資料3-3.JPG
彼女たちの理想はと聞いたら本格的に日本舞踊を習いたいと真面目?に答えた。
資料3-4.JPG
不可能を可能にした彼女たちも体質が子供の時から女性的であったからだ。
資料3-5.JPG
いよいよ二人が舞台へあらわれる。司会者が二人の特異な体験を一通り語り終ると観客との一問一答が始まる。
資料3-6.JPG
その大筋を一寸紹介すれば
客―生まれた時は男のモノだけしかなかったのか?
吉本―そうなのです。
客―いま男性のシンボルは?
(司会者―賢明な質問)
吉本―ございません。
資料3-7.JPG
そこで記者が彼女たちに一問一答を試みると、
―性の喜こびはある?
(あります。どんな風に手術をしたかは私の知らないこと。位置はペニスがあった位置よりやや下った感じ…)
―ストリッパーを選んだ理由は?
(友達勧められて)
と云う具合。とも角、童貞から女に転化した人としては一種特有のエロチシズムを発散する。
資料3-8.JPG
フィナーレと共に彼女たちも仲間と何処かへ消えていった。

【資料紹介②】「(人物クローズアップ)舞台に賭ける性転換のストリッパー」  [性社会史研究(性別越境・全般)]

2013年1月22日(火)
【資料紹介】「(人物クローズアップ)舞台に賭ける性転換のストリッパー」
『週刊特集実話NEWS』32号(1961年12月28日号、日本文華社)
017 (2).jpg016 (2).jpg
舞台に賭ける性転換のストリッパー
20才まで完全な男性だったが、手術を三回、六年間をついやして女性に転換することに成功した話題のスト嬢!

私は子供が生めない
二十二日から浅草のストリップ劇場に吉本一二三(ヒフミ)さん(27)=本名吉本千億万、港区赤坂福好町一の二 ミハト荘内=というストリッパーが出演している(グラビア参照)
http://zoku-tasogare-sei.blog.so-net.ne.jp/2013-01-12
彼女は一日三回舞台にたつが初舞台とは思えないほどの熱演である。
薄桃色のドン張が上がると、客席から熱っぽい瞳が舞台に集中する。彼女の持ち場は「吉本一二三のベッド・シーン」と「唐人お吉」である。
ベッド・シーンでは舞台の中央に設けられたベッドを使ってなやましいまでの情景を展開する。また「唐人お吉」では中央に突き出たエプロンステージの端まで出て踊る。ライトは一つ、しかも彼女の顔や裸の腕、胸、腹、足と追いまわす。
確かに彼女はひとりの女性だった。乳房の大きなふくらみもからだつきも“女”だった。
016 (3).jpg
しかし、司会者は客席に向ってこういった。
「みなさん、吉本さんは六年間という長い年月をついやして、完全な男性から女性に性転換したひとであります。男か、女か、それはただいまみなさまがたが目で確かめたとおりです。今後ともよろしくご後援のほどを……」
吉本さんは司会者とともに深ぶかと頭を下げ、客席の質問にこう答えている。
「手術は三回いたしました。一回目は三週間入院、二、三回目は二週間入院しただけですみましたが、病院に通った日数まで計算するとのべ六年間で女性になりました。みなさんは性器はどうか、小用をするときはどうかとおっしゃいますが、あたしの場合、完全な女性とかわりありません。尿道もその中にありますし、すべて、女なみのものでございます」
“完全な男性”から“女性”に性転換した。欠かんは完全な女性が持っている卵巣だけがないだけ。
「ただ、あたしは子どもが生めないだけです」
という吉本さんは“女”になってとても倖わせだという。
016 (4).jpg
女形からゲイボーイ
吉本さんは“完全な男性”として昭和九年九月四日に徳島県小松島市に生れたのだった。兄や姉たちと一緒になって、戦争遊びや水遊びなどをやっていたという。
学校でも“腕白小僧”で有名だった。
「そのときなどは本当に男でしたわ。ケンカをやっても負けたことはなかったし、勝気なせいか勉強でも兄たちに負けなかった」
しかし同市立小学校から新制中学に入った十六才のときに(あたしは女ではないだろうか)と思ったという。
男でありながら男が好きになってしまった。しかも普通の友だち同士のようなものではなかった。
相手が体操の教師。彼には妻子があり、体操の先生を思わせるような活発さはなかった。いつもおだやかで、どこかしら貧弱なところがあった。
放課後も、吉本さんは用事にかこつけて会いにいったが、体操の先生はただの男としてしてか見てくれなかった。
学校から家に帰っても、男のやるものは嫌いで自から“女”のやるようなおとなしい仕事が好きになっていた。
017 (3).jpg
中学を卒業して神戸に職を求めてきた吉本さんは、一時、セメント瓦商の姉の嫁ぎ先に厄介になった。
しかし、有る日神戸市内を歩いていると、綾小路源三郎一座が公演している劇場の前を通りかかった。
(そうだ、ボクは女役者になろう)
思いつめた吉本さんは、綾小路さんを訪れて、熱心に使ってくれるよう頼んだ。
「とにかくもういちど家に帰って相談して両親が承知したらやとってあげよう、きょうはとにかく帰りなさい」
といわれて一応引きさがったものの、数日通いつづけて入団を許された。
その後は、郷里にも帰れなくなった。吉本さんは人生の再出発のつもりで「一二三」(ヒフミ)と改めて、大阪、東京、仙台と全国各地を巡った。
舞台では女装して日本舞踊を踊った。客のうけもよかった。
しかし、給料は安く、食事がまずくて、身体はやせるばかりとうとう一年と六カ月で劇団を出た吉本さんは、東京に出て、ゲイボーイになったのだった。
そこは小さな酒場だった。吉本さんのほかに、六人の男たちが女装してお客をもてなしていたが吉本さんは酒はのめなかった。
しかし、吉本さんは、ゲイボーイになって、初めて常連のお客さんと恋をした。
二人はその後同棲まで発展したが、その男は勤めに出たまま幾日待っても帰ってはこなかった。
「あたしはうらぎられたんだわ」
と気付いたときには一カ月もすぎていた。男だからだろうか、将来を思って去って行ったのだろうか、心はみだれるのだった。
女になろうと性転換をする覚悟をきめたのはそれからまもなくだった。

女として踊りを続けたい
“完全な男性”から“女性”に―。大勢の医師をたずねては性転換できるかどうか診察してもらった。ある石からは、「もし、あなたが女性になったとしたら、わが国で四番目の人です」といわれた。はじめの人は仮性半陰陽の人出、二、三番目の人は男の人だったという。
この三番目の人はすべて性転換に成功して、何不自由なく生活していることを教えられた。
吉本さんの手術は、まず男性の象徴である睾丸を除去することからはじまった。
約一カ月間入院、その間、女性ホルモンを徐々に注射していった。すると、いままで小さな米粒ぐらいの乳房はだんだんと大きくなり、男ではみられない脂肪がからだのいたるところにつきはじめた。
そして、二回、三回と入院するにしたがって、女性としての器官も整形されて、ちょっと見ては女としか判らなかった。
「もう、すっかり女になりました」
と医師からいわれたのは二か月前の九月初旬だった。実に六ヵ年という長い年月を要した。
017 (4).jpg
しかし、吉本さんとて生きるためには働かねばならなかった。
第一回目の手術が終わると、キャバレーの踊り子になって踊っていた。
北は札幌市にある「白鳥」神戸の「紅馬車」大阪の「白蘭」「銀パリ」などでは有名だが、浅草のストリップ劇場「ロック座」に出演しようとという気になったのは、自分が女になったことを、世の中の人々に確かめてもらうためだった。
支配人の桑野さんは、
「彼女の美しさは、新派でいえば花柳章太郎の持つ美しさですよ。色っぽくて、どうもジレッたくなるようなものを持っているんですね」
という。
「だけどあたしが女として成長していくのはこれからです。結婚もよいでしょう。しかし、あたしは当分の間は結婚ということは考えたくありません。女としての誇りを身につけ、生きるための闘かいがあるんです。恐らくこのような、舞台には、二度とたつようなことはないと思います。私の魅力はなんといってもキャバレーです。働けるだけはここで踊りつづけたいと思っています」
と陽気に笑う彼女である。

【資料紹介①】「(話題スナップ)おとこからおんなになった性転換の妖艶ストリッパー」 [性社会史研究(性別越境・全般)]

2013年1月12日(土)
「(話題スナップ)おとこからおんなになった性転換の妖艶ストリッパー」
 『週刊特集実話NEWS』32号(1961年12月28日号、日本文華社)
012.JPG
浅草のロック座でいま初舞台をふんでいる“性転換の女性“吉本一二三(写真右25才)と高橋京子(写真左24才)二人が、共に妖しげなお色気をふりまき人気を呼んでいる。
彼女らは共に大阪出身で、三年がかりでやっと憧れの女性に仲間入り。
その喜びを、先に封切りされた映画「世界の夜」に出演していたアメリカの性転換女性コクシメールのように芸能界の王座に君臨したいと語り、もっぱら歌と踊を勉強中とか。
(*)Coccinelle(1931~2006年)はフランス人。

乳房もふっくらと芸者姿でその艶やかなお色気をかもし出す楽屋うらでの吉本一二三さん
014.JPG
吉本一二三…大阪出身。16才のとき綾小路元三郎一座に入座。5年前から急に乳がふくれ、医師の診断により女性となった。
高橋京子…大阪出身。沢村元之丞一座で女形を演じているうちに女形になりたくて手術したそうな。
(**)「女形になりたくて」は「女性になりたくて」の誤植と思われる。

013.JPG015.JPG
“わたしの体をよく見て下さい”と女性になった喜びをお客にご披露する高橋京子さん